マッチの世界|マッチコラム

鈴木商店の歩み(大正)
大正7(1918 )年、鈴木商店が焼き打ちに合うが、第一次世界大戦終結後、疲弊した欧州諸国に対しての商戦で巨利を得る。
しかし、昭和2(1927 )に金融恐慌により鈴木商店が破綻し、金子の鈴木は終焉を迎える。

閉じる